スマホで『League of Legends』フレンド機能にアクセス!無料アプリが海外向けに配信

Riot Gamesより、『League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)』のソーシャル要素を利用するモバイル端末向けアプリケーション「League Friends」が無料配信されました。対応機種はiOS/Android。スマートフォンからフレンド機能をチェックできるこのアプリケーションですが、現在は海外の『LoL』プレイヤーのみを対象としており、日本国内からの利用は不可能なようです。

「League Friend」ではゲーム内フレンドリストへのアクセスのほか、フレンドからの招待通知の受信を提供。今後のアップデートでは、“Season 2016”におけるソーシャル機能を実装予定としています。フレンド追加や1対1のチャット機能、そして更なる新要素を収録し、『League of Legends』のゲーム本編同様に更新が施されていくとのことです。

本記事執筆時においては北米およびオセアニアの『LoL』プレイヤーのみに向け配信されており、Riot Gamesは今後数週間にわたって他地域にも提供していく方針。なお、iOS版ではバージョン8.3以降のOSを搭載したiPhone/iPad/iPod Touch、Android版ではバージョン4.1以降のOSを搭載した端末で利用できます。

山田孝之「史上最強の俺たちになろう。」―PS4『CoD インフィニット・ウォーフェア』新TVCM!

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、俳優・山田孝之さんが出演する、PlayStation 4版『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』の新TVCMが、2016年10月28日(金)よりオンエア開始と発表しました。

近年の活躍で「大のゲーム好き」と広く知れ渡る俳優・山田孝之さんですが、その山田が出演を務める、PS4版『CoD: IW』の新TVCM「山田孝之と5人の絆」篇が、インタビュー&メイキング映像と共に公開です。

同シリーズを5年以上もプレイしている山田さんが、ファン代表の“俳優(33才)”で登場。アパレル店員(26才)、大学生(19才)、塾講師(30才)、花屋店員(26才)、医師(34才)と、年齢も職業も異なるも戦場に集った戦友として、「史上最強の俺たちになろう。」と雄たけびと共に訴えかける“熱い”新TVCMです。

秋葉原には200人超の行列!『ドラクエXI』発売に大人も子どもも湧いた…深夜に出会った勇者達の行方は?

5年振りのナンバリングタイトル『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』が7月29日に発売されました。深夜には人がまばらだったヨドバシAkibaも開店直前には200名超の行列ができ、大人も子どもも待ちわびた発売に大いに湧きました。


◆6時前には20人程度だった行列も開店直前には200名超に!

深夜の取材では人もまばらだった秋葉原周辺。明るくなった午前6時前に店舗に向かうと既に行列ができていました。そして先頭には深夜に取材した学生の姿が!


話を聞くと「先頭に並べたら良いねと言われたので、すぐにシャッターの前に来ました。2時30分過ぎにはもう行列ができはじめましたよ」とのこと。もう少し粘っていれば深夜の行列も抑えられていたようです。残念。

◆開店30分前にはみるみる長蛇の列が

そして、午前6時30分過ぎにはあっという間に100人を超え、最終的には200名を超える人が列を成したとのこと(担当者談)。中にはコスプレをしたり、スライムの帽子をかぶった一家の姿もありました。兄弟で『ドラゴンクエストX』が大好きだそう。


◆1番乗りの勇者達は…?

午前7時の開店と同時に6階のゲーム売り場へと進むお客さん達。列は絶えることなく、開店後も続々と来店する人でレジも長蛇の列となりました。


さて、筆者が深夜に取材した若き勇者達ですが、次々に各メディアの取材を受けていました。テレビ局の取材もあり、「まさかこんなことになるとは…」と困惑気味な表情を浮かべる一幕も。



とはいうものの「深夜の段階で、店舗前に並んでいて良かった。早く帰ってプレイしたい」とにこやかに売り場を去っていきました。大人も子どもも若者も湧いたヨドバシAkiba。“国民的RPG”の名は伊達ではありません。親から子へ、そして次の世代へ、きっとこれからも愛されるタイトルになるのでしょう。

私のいいところを母に尋ねてみると、母は

「うつ状態をやっと抜けたばかりの頃、第九に挑戦したことや、資格を取るために、通信教育にチャレンジしたことなどをあげ、そういうところがいいと思って応援した」
と言いました。
また、感じがいいと思っていることや、「そのまんまでいい」と言ってくれました。
職場のTさんにも思い切って聞いてみると、「こつこつ努力するところがいい」、「そのまんまでいい」と母と同じことを言いました。
「そのまんまでいい」と言われると、自分のことを全部肯定されているような、支えられるような、安心できるような、自信がつくような気持ちがしました。
「頭が悪いと思わないか」と聞くと、「むずかしい本を読んでいる、すごいと思う」と言います。「もっと自信をもっていいよ」、と言います。
離れた町に第九の練習に夜、車で通い通したことで、私の車の運転を信用できるようになったことを母は言いました。
大きいことも、小さいことも、挑戦をして、それを続けると、信用してもらえることを知りました。
これからも応援してもらってチャレンジしたいです。思い切って聞いてみてよかったです。

海外の『マリオ』ジグソーパズルが難しすぎると話題

複数海外メディアが、アメリカ大手小売店のGameStop限定で販売されている『スーパーマリオ』の新作ジグソーパズルについて報じています。

「Super Mario Ready for Action Puzzle」と題されたこのパズルは、9.99ドル(通常価格19.99ドル)で販売されており、1,000個のピースが用意されています。しかしながら、絵柄の半分以上が赤色で構成されていて、PolygonやKotakuを始めとする海外メディアや、ユーザーが冗談交じりにこのパズルを紹介。また、US Gamerはこのパズルを報じる記事のタイトルで「パズルのDARK SOULS」とも表現していました。


国内外では、白、あるいは黒ピースだけのような1色限定パズルが販売されていますが、今回の「Super Mario Ready for Action Puzzle」はそれに近いものがあるのかもしれません。

<リオ五輪レスリング>アナウンサーがルールを理解しないままミス実況

「大変申し訳ない放送をしてしまいました」と実況中のアナウンサーが謝罪するというのは、長年スポーツ中継を人並み以上に視てきたと自負する筆者にとっても前代未聞のできごとでした。

NHKの太田雅英アナ、大相撲中継で知られ、自身が有段者である剣道、サッカー、野球なども担当してきた方です。レスリング中継の経験はわかりませんが、相性か運かどちらかが悪かったようです。

問題の試合は男子フリースタイル74kg級2回戦、高谷惣亮選手とフランスのゼリムハン・ハジェフ選手の一戦です。解説は双子のレスリング選手として知られる北京のメダリスト・湯元健一さん。

太田アナ、のっけに湯元健一さんを弟の湯元進一さんと言い間違える痛恨のミス。なんだか中継は荒れ模様の予感です。

試合は、開始早々に高谷選手がバックを取られます。2点を失ったかと思われましたが解説によれば、コントロールされていないという判定だろう、ということで事なきを得ます。その後、開始2分02秒に高谷選手が消極的と判断され「警告」を受けるとともに「アクティビティタイム」で仏選手に1ポイント。

*同点で試合が終わった場合、「警告」を受けた選手が負けになる。

*消極的で注意を2回以上受けた場合「アクティビティタイム」の30秒以内にポイントをとらないと相手に1ポイント。

 開始3分11秒、高谷選手がタックルから相手を場外に押し出して2ポイント。開始4分18秒、高谷選手再び消極的とされ、「アクティビティタイム」で仏選手に1ポイント。これでポイントは2対2。

*同点で試合が終わった場合、ビッグポイント(より大きな技)でポイントを取った方が勝ちになる。

開始5分38秒、仏選手がタックルからバックを取って高谷選手2ポンイントを失い、2対4。開始6分00秒、高谷選手がぶり返しで2ポイントを取り4対4の同点で試合終了。この技に対し、仏側が再判定を求めて「チャレンジ」し失敗。

*「チャレンジ」に失敗した(判定がくつがえらなかった)場合、相手に1ポイント与えられる。

試合は同点で終わりました。太田アナは同点ではルールにより消極的との「警告」を受けていた高谷選手の負けと思っています。ですから、すでに勝ちが決まっている仏側が、高谷選手の最後の技になぜ「チャレンジ」したのかが理解できません。

有名企業の人が、転職で成功する方法…あなたは子供時代の体験を論理的に語れるか?

有名企業に勤めていない人が転職によって良い機会を得るためには、どのようにすれば良いのでしょうか。

 ウルトラCはなく、自分なりのストーリーを語れる仕事の機会を現在勤める会社内に求めたり、社外に「この会社と一緒に仕事をしてみたい」という相手がいれば、がんばってそんな会社との仕事をつくったりするなどして経験を積み上げていくしかありません。中小企業の社員が大手企業の社員に勝てることは、仕事上の自由度であったり、それを通じた機会と経験の獲得であったりします。規模やカネでは取れない価値を取りにいって、その経験によってさまざまなことを自分の言葉で語れるようになっておくことです。そうした経験を地道に積んでいき、それを評価してくれる会社や人にめぐり合うしかないというのが著者の見解です。

 しかし、なかなかそういう機会にめぐり合うのは難しく、めぐり合ったとしても、いろいろな壁を感じることもあるでしょう。それでも、くじけずに努力することが肝要です。

【PS4 DL販売ランキング】『バイオ6』首位、『ファークライ プライマル』3位ランクイン(4/14)

4月13日版のSony Entertainment Network プレイステーション4のダウンロードランキングをご紹介します(19時現在)。

今週は『BIOHAZARD 6』が1位を獲得。先週から1ランクアップでの首位となりました。

3位にランクインしたのは『Far Cry Primal – エイペックスエディション』。こちらは『ファークライ』シリーズの最新作です。マンモスやサーベルタイガーが生息していた紀元前を舞台に、プレイヤーは熟練の狩人となって木材を集めて火を起こし、その時代で生き残りを図ります。

『Miitomo』米国でも順調な立ち上がりか、先週だけで260万ダウンロード

SurveyMonkey Intelligenceは、任天堂が先月末に海外でもリリースした『ミートモ』(Miitomo)の米国におけるダウンロード数などのデータを公開しました。

それによれば、『ミートモ』は先週だけで260万ダウンロードを記録。平均すると毎日37万ダウンロードで、2/3がiOSで、1/3がAndroidだということです。月間アクティブユーザーは400万人、日間アクティブユーザーは100万人に達しているとのことです。平均の起動数は2~3回/日で、合計7~8分の利用があるとのこと。

気になる売上ですが、Survey Monkeyでは4万ドル/日(約440万円)を売り上げていると予測。うちiOSが80%、Androidが20%という内訳です。アクティブユーザー1人辺りの売上では3~4セント(3~4円)だとのこと。一部のゲームと比較すると非常に小さい数字ですが、カジュアルゲームとしては健全な数字ではないかと同社は指摘しています。

SurveyMonkey IntelligenceはSurveyMonkeyが買収したRenzuをベースに4月に立ち上げたスマホアプリのデータプラットフォーム。米国内に居住するユーザーからデータを収集し構築しているとのこと。